日本山人参茶の出がらし活用法

日本山人参茶の出がらし活用法
あなたはもったいないことしていませんか?

いまや消費は美徳の時代から、節約の時代へと様変わりしてしまいました。

節約と言えば節電と言うぐらい、原発の放射能漏れがきっかけに、社会的にも大きく定着しつつあります。

でも、生活をいろいろと見直せば、あなたが気づかない、しかも本当に”もったいないこと”がまだまだたくさんあるのです。

 

日本山人参茶出がらしはどうされていますか?

まさか捨ててはいませんよね!

この日本山人参茶出がらしの活用方法を知れば、あなたは”もったいないこと”をしたと、心から思うでしょう!

 

日本山人参茶の出がらしを捨てるのは・・・・?

まだまだ貴重な微量栄養成分が残っているのに。

日本山人参茶はお茶としてだけでなく、お料理にもお菓子にも使えます。日本山人参茶出がらしをほんのひとかけするだけで・・・・。

特に私がお勧めしたいのは、青魚を冷ました日本山人参茶出がらしの汁で洗うことです。すると、ぬめりやくさみが取れるのです。ぜひ一度試してみてください。

 

そればかりではありません。

魚介類のお鍋に適量日本山人参茶を加えてみて下さい。

うまみや風味が増し、隠し味にもなるからからもうビックリです。

 

【汁物に日本山人参茶】

nabe昆布やいりこ、鰹節などで出汁をとるとき、水と一緒に日本山人参茶を加えます。

出汁のうまみや具材の風味が増します。

 

 

【白米・玄米に日本山人参茶】

suihanお米をといだあと、いつもより少なめに水を加え、減らした水の分だけ日本山人参茶を注ぎます。

玄米の場合は半日浸すことで、独特のくさみが消え、香ばしくやわらかな炊き上がりになります。

 

 

【コーヒーに日本山人参茶】

coffeeいれたてのコーヒーに日本山人参茶を数滴入れます。

苦味がやわらぎ、味もまろやかになります。

 

 

【鮮魚に日本山人参茶】

sengyo冷蔵庫で冷やした鮮魚を水洗いする時、冷ました日本山人参茶で洗います。

ぬめりやくさみがとれます(ボウルにお茶を入れて洗うと洗いやすくなります)。

 

 

【ホットケーキに日本山人参茶】

cakeホットケーキの生地を作るとき、水や牛乳のかわりに濃いめの日本山人参茶を入れます。もしくは粉末状にした出がらしを加えます。

よりヘルシーなおやつに早変わり!

 

※注意

◆煮出したお茶の場合は冷ましてください。

日本山人参茶の量はお好みで調整してください。

出がらしを使う場合は、天日干しにしたものをミキサーやすりこぎで粉末状にします。

続きを読む