こだわり薬草茶日本 山人参・ヒュウガトウキ!

bg_topimg

「あの日に帰りたい!」と願うあなたに、幸せの種を撒きたいです!

幸せの種

 

 

こだわり薬草茶日本山人参・ヒュウガトウキ

高齢のため、こだわり薬草茶日本山人参・ヒュウガトウキの栽培は中止にしました。申し訳ございません。ただ貴重な日本古来からの固有種ですので、宣伝・普及は今後も続けていきます。もしお聞きしたいことや疑問等がありましたら、なんでもお気軽にお電話ください。

bg_tel

 

 

「ウヅ」という薬草名で文献にも登場

ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?
出典:ヒュウガトウキ(日本山人参)とは?

朝鮮人参の原産地は中国の遼東から朝鮮半島です。

でも、それに負けずとも劣らない神草と呼ばれていた健康茶(薬草茶)が、中国や朝鮮ではなく、東方に浮かぶ蓬莱の国(日本国にあったのです。

 

その健康茶(薬草茶)日本山人参とかヒュウガトウキと言われる薬草です。

江戸時代には「ウヅ」という薬草名で文献にも登場します。

 

この日本山人参(ヒュウガトウキ)という健康茶(薬草茶)の効果・効能

あなたの何とかしたいという恐怖も和らげるのです!

 

あなたはこの健康茶(薬草茶)の効果・効能を信じますか?

それともまやかしだと思いますか?

心と体の調和のパワーを秘めた健康茶(薬草茶)の効果・効能

すぐには信じられないかもしれませんが・・・・・


医学博士水野修一とういう先生の書いた「ヒュウガトウキのすべて」という本を読めば、日本山人参(ヒュウガトウキ)という健康茶のパワーに驚愕するはずです

水野/修一

水野修一

1937年福岡県若松市(現・北九州市)出身。1968年九州大学医学部を経て同大学院修了。1973年国立小倉病院消化器系医長となる。1976年漢方治療開始。1981~2年厚生省漢方治療法研究班班長。1984年~和漢医薬学会評議員となる。1987年天台法華円宗にて得度し僧籍に入る(法名・修澄)。1993年日本東洋医学会認定専門医/日本東洋医学会評議員(現・代議員)となる。元国立小倉病院内科・消化器科医長。現在・医療法人敬天会東和病院副院長。専門(現代医学):消化管の内視鏡診断と治療/消化器がんの治療など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

あなたの3つの恐怖と蓬莱の健康茶(薬草茶)

【長生きとガン予防にはヒュウガトウキ】(「不老長寿の神草 ヒュウガトウキ」より)

人はだれでも老いの時期を迎えます。そして多くの人の共通の願いは、せめて80歳前後までは元気に生きたいと願っています。

そうした願いをもつすべての方にヒュウガトウキをお勧めしたいと思います。

生活習慣病になっても、食生活を改善し、ヒュウガトウキを服用しながら疾患予防に努めれば、元気で長生きすることができるのです。

 

「おばさん、元気ないね」と言われる恐怖!

40代からのダイエットに!

もし、あなたが街角で見知らない人に突然、「おばさん、元気ないね」と言われたら、どう思われますか?

 

やはり、ショックですよね!
恐怖ですよね!

 

あなたは、まだまだ若いと思っているのですから・・・・。

 

でも、現実のあなたはシミやタルミが目立つようになり、下半身ダルダル。そして、更年期障害によるイライラやホットフラッシュ、だるくて動けない・・・・

 

その根本的な原因は、30代後半から40代にかけての血管の老化やホルモンバランスの崩れにあります。

40代から綺麗にダイエットしたかったら!!
出典:40代から綺麗にダイエットしたかったら!!

 

救急車で運ばれる恐怖!

降圧剤は危険!

何ともないからと言って、血圧や血糖値が高いのを放っておくと、ある日突然、あなたも救急車で運ばれるかも知れません。

 

特に温度変化が激しい季節、お風呂やトイレなどは注意が必要です。

 

血圧や血糖値が高い人は、動脈硬化が進行して、脳梗塞や心筋梗塞でいつ倒れてもおかしくないのです。

 

血圧を下げる薬草茶なら副作用もなく安心!
出典:血圧を下げる薬草茶なら副作用もなく安心!

 

無理な糖質オフ
出典:子育てを終えた主婦に糖尿病の恐怖とは?

 

「実は、あなたは癌(ガン)です!」と言われる恐怖!

日本山人参(ヒュウガトウキ)の効果・効能

もし、今日、「実は、あなたはガンです」と医者に告知されたとしたら、あなたは正気でいられると思いますか?

 

しかも、「5年後に生きている可能性が1.9%だったとしたら…」

 

在すると思っていたぼんやりと白く明るい未来が突然、何ものかによって、奪われ消し去られてしまう恐怖に襲われるかも知れません。

 

扉は閉じられ、真っ暗闇になり、自分ではない誰かに終わりを告げられる。

 

そんな不条理な話は、ごめんだと思います。

 

http://the-life-change.jp/member/

でも、今日、24歳の若さで『癌』を宣告されたある女性の話を聞いて、非常に勇気づけられました

 

彼女は元気そのもので、徹夜をするほどバリバリと仕事をこなし、闘病中の得難い経験を、苦しむ人々のために役立てる社会活動もしているというのです。

 

癌(ガン)は誰でもなり得る国民病です。

 

今日、突然、あなたにガンが襲いかかってきたとしても、何ら不思議ではありません。

 

もしあなたがガンの恐怖を少しでも感じたとしたら、「ヒュウガトウキのすべて」という本を読むべきです。

ヒュウガトウキのすべて
水野修一著

日本山人参(ヒュウガトウキ)という健康茶ががんにいかに効果的に働くか、その研究成果が詳しく載っています。

 

この本1冊で、臨床の場でも証明された日本山人参(ヒュウガトウキ)という健康茶の五大作用がわかります。